ふくし生協からのご連絡

ふくし生協ニュース

ふくし生協ニュースTOPへ

2011年ケアワーカー集会のご報告

2011年3月30日 水曜日

3月20日(日)、福岡県糟屋郡粕屋町の粕屋町立生涯学習センター「サンレイクかすや」にてワーカー184名が参加し、ケアワーカー集会が行われました。会場は公園の一部になっていて、大きな静かな池がそばにあるゆったりとした空間です。

午前の部は、大阪社保協の日下部雅喜氏の講演で介護保険見直し問題の現局面についてのお話などがあり、午後は、6つの分科会と3つのワークショップに分かれて勉強しました。

2011年ケアワーカー集会 タイムテーブル
10:30 2010年度まとめと2011年度方針 (稲月専務)
11:00 より良い介護を実現するために (大阪社保協、介護保険対策委員 日下部雅喜)
12:30 昼休み
13:30

分科会/ワークショップ

分科会 ?居宅
?通所における介護実践
?訪問における介護実践
?住まい・泊まりにおける実践
?医療連携と看取りの実践
?食と栄養
ワークショップ ?機能訓練
?レクリエーション
16:00 解散

<午前の部>日下部雅喜氏の講演

<午前の部>日下部雅喜氏の講演

<午後の部>ワークショップ/分科会

<午後の部>ワークショップ/分科会

アンケート結果また、集会のアンケートで、49%の方が大変良かった、46%の方が良かったとの回答が寄せられました。

以下、いくつかの事業所からコメントを頂きましたので、掲載いたします。

?

【水巻】

  • 連泊のお泊り男性1名(介護3)受け入れ開始。施設からそのまま来たので、てんやわんやの1日となった。お泊りが増えたので、男性の部屋も女性の部屋も配置換えをおこなった。
  • 2か月ほど腰を痛めて休んでいた職員に朝のケア(3時間)の応援を頼んだ。どの人も認知症で対応が大変。彼女の体調を見ながら、短時間の勤務から復帰を予定している。
  • 学校が始まるまでの約束で、理学療法士の卵にアルバイトで介護補助に入ってもらっている。男子、18歳。家で障害を持った家族と暮らしており、高齢者にも動じることなく黙々と言われたとおりに動いてくれて本当に助かっている。

【宗像】

自主事業のショートステイの時間帯に転倒事故がありました。朝食後リビングのソファーで休まれていて、ソファーから立ち上がる際の転倒で、大事には至りませんでしたが、見守り不足だったと反省です。緊急スタッフ会議を開き、日々の介護について見直し、検討する場を持ちました。各自基本に立ち戻り、気持ちを新たに頑張っていこうと再確認しました。

【福津】

あんずの里へ外出しました。あんずの花が満開で、ご利用者の方々が「きれいね」ととても喜ばれ、帰りにつくし拾いをして、みんなで春を感じてきました。

【福岡】

4人はワークショップの介護実技に参加。大変役立つ内容だった。事例検討で問題を提起して意見をもらうことができた。午前中の講演を聞いて、今以上にサービスレベルの向上が求められる情勢の中、今の研修で対応できるのか不安になる。将来のケアの広がりを介護保険でできることも学んだ。